AGA治療という存在は業界に革命を起こすのか?

AGA治療という存在は業界に革命を起こすのか?

AGA治療という言葉がある程度一般的になってきたのは、ここ3年くらいではないでしょうか。
今なら、皮膚科に行けば、AGA治療に関するポスターが貼られていますし、つり革広告でもAGA治療は格好のネタとして取り上げられています。また、CMでも多く言及されています。
AGA5

AGAという治療の存在を知ったのは、お笑い芸人の爆笑問題が起用されていたCMを見てからです。

一番最初に思ったことは、「AGAという診断がつけば、薄毛は医療機関で治療できるのか!」ということでした。まだセーフ!?ハゲてからでは手遅れと聞いて慌ててAGA治療を考えた話

 

今までだと、男性にとって、薄毛が進行してしまうと、それを阻止する方法は基本的にはありませんでした。最悪の場合は、あやしい業者に引っかかってしまって、高額のカツラを買わされる、という被害も多数発生していました。そんな中、医学が進歩してAGA治療が一般的になる前は、男性ホルモンの影響で脱毛が進行しているというこから、何らかの医学的処置を取ることができるのではないか、という発想はなかったと思います。

 

そういう状況の中、AGA治療について知り、具体的な中身を詳細に把握していくにしたがって、「この治療は男性の薄毛マーケットに革命を起こすのではないか」と思いました。

 

実際、現在であれば、薄毛に悩む誰もが、医療機関において専門医によるAGA治療を受けることができます。費用は比較的かかりますが、それでも月額1万円?3万円程度で取り組むことができるようです。
AGA6

ただし、AGA治療は基本的に内服薬(飲み薬)による治療ですから、副作用の存在は気になるところではあります。しかしながら、今後症例が積み重ねられ、副作用のリスクが把握できるようになれば、今、薄毛に悩んでいる男性にとっては、革命的な解決方法となるでしょう。

 

そうなれば、マーケットの構造が大きく変わり、あぐらをかいていた既存の業者たちは、何らかのドラスティックな改革を求められることは間違いないでしょう。