AGA治療に行き着くまでの道のりとは?

AGA治療に行き着くまでの道のりとは?

誰しも薄毛が目立ってきて育毛剤などを使い始めるようになります。それは自分で薄毛であることが実感できたり、人に言われて気がついたりと様々です。しかし薄毛を本気で治療しようという意思を持ったから、育毛剤などを使い始めるのではないでしょうか。ほとんどの人はなんとなく薄毛が気になる、という段階で治療するという意思を持って始めますので手軽な育毛剤から始める事が多いのですが、なかなか効果が現れなくてあれやこれや育毛剤をいろいろ試し始めるようになります。
AGA10

そしてだんだん薄毛が進行していき、気がついたら手が付けられない状態に、という事になります。

自分では育毛剤を使っているので大丈夫、という安心感があるのでこうなってしまいます。そこまでのひどうい状態になってから、みんなやっと次の段階の本気で取り掛からないとという気持ちになります。そこで今までの育毛剤の経験から、AGA治療に切り替える人が多いです。では何でみんなAGA治療に切り替えるのか?について見ていきます。

 

そもそも育毛剤とAGA治療というのは、治療法の根本的な考え方が違います。

みんなそこに気がつき始めます。どちらも大切な成分はミノキシジルなのですが、これを桂皮吸収するか体内吸収するかの違いがあります。どちらが体内に取り込まれやすいかと言えば、体内吸収のほうに分があります。という事は、同じ量のミノキシジルでも効果の現れ方が違うという事になります。この理屈に気がついた人がAGA治療に切り替えていきます。
AGA9
AGA治療というのは、ミノキシジルを含んだ薬と生活習慣の見直しによって、頭髪が生える体質にしてしまおうという治療法です。ですのでいくら治療薬を飲んでいても、生活習慣が悪ければ発毛する体質にはなりません。喫煙などをしていれば、せっかく薬で血流を促進しているのにニコチンでそれを抑えてしまう事になります。これでは効果が現れてきません。大切なのは、両方を同時にこなしていく事になります。そうすれば必ず発毛する体質になっていきます。