だから私はAGA治療を初めました!体験者が語るAGA治療のキッカケ

気になり始めたら気にしちゃう後頭部

薄毛がセクシーとされるのは海外のイケメンの話であって、日本での薄毛はただのウィークポイントでしかありません。
AGA1

それが20代から30代に症状がでしか始めると、男性としての自身までなくなってしまいます。誰もが薄毛にはなりたくないはずであり、自分の頭が薄くなってきたとしたらおそらく皆なんとかして抵抗をするはずです。

 

そんな抵抗をするきっかけは第三者の言葉や目線がきっかけではないでしょうか。

友人や家族の何気ない一言がきっかけで気になってしょうがないなんて人も多いと思います。例えばある30代男性の例を挙げてみましょう。男性は、会社勤めのサラリーマンで、結婚して子供が2人います。ふとある時、妻から「最近、頭頂部が透けているね。」と言われました。それまでは全く髪のことなんて気にしていなかった男性ですが、その言葉を浴びて以来、気になって仕方がなくなってしまいました。額から干上がっていくタイプであれば鏡で見れば自分でもなんとなく進行も感じ取れますが、後頭部となると合せ鏡をしない限り自分では確認することができません。男性は気になって仕方がなくなり、ついにはAGAの治療を考えるようになりました。実際に病院で診察してもらうと気にするほどの状態ではなく、年相応であるとの診断を受けて安心したとのことでした。
AGA2
この例のように、全く気にしていなかった人も、自分の目で見れない部分を他人から指摘されると気にしてしまうのが人間の心理ではないでしょうか。気にしすぎると良くないという話も聞きますが、どうしても気にしてしまうのが現実です。この男性の場合は、症状が大したことがないということで安心できましたが、症状が進行している場合でもAGA治療を始めることで効果が現れれば失った自信を取り戻すことができるかもしれません。気になり始めたら思い詰めず、気軽に治療を始めることが一番ではないでしょうか。